« 春です 入れ歯を作るには良い季節です | トップページ | 部分入れ歯のお悩み »

2015年3月30日 (月)

入れ歯と顎関節の関係

北海道札幌市中央区の歯科医院 
コンフォートデンタルクリニック
噛み合わせ担当 歯科医師 山田穂積です。

コンフォートデンタルクリニックに勤務し三回目の春を迎えました。
三回目の春を迎え

わたしたちが売るのは義歯ではなく 

 患者が求めている結果である


という企業理念のもと 今年度も色々な変化があり 
自分もスタッフの一員として何が出来るかを考えていきたいと思います。


今回のテーマは、「入れ歯と顎関節の関係」です。
顎関節は、耳の前にあり、口を閉じる筋肉は、こめかみや頬の部分にあります。
顎関節・ものを噛むときに使う筋肉・歯のいずれかの異常により、顎に痛みを感じたり、頭痛・肩こりを始めとする症状が起こるものを、顎関節症といいます。



この顎関節症は、歯が喪失した当院の患者様に多数いらっしゃいます。
歯が喪失する過程で噛み合わせが変化し段々と関節の形・位置も変化していきます。
噛みやすい位置が本来の顎関節の位置とは違う位置で作成された義歯を使用していると

入れ歯の噛み合わせがおかしい

入れ歯の痛みが取れない

などの入れ歯があわない原因にもつながります。 


もし入れ歯でお悩みがあるようであれば、
まずは相談だけでも、承っておりますので
 お電話お待ちしております。


相談の予約の電話は  011-211-1000 (9時~18時) 
  または
メール(  comfort.d.c.1@gmail.com  )にて連絡をお願いします。


« 春です 入れ歯を作るには良い季節です | トップページ | 部分入れ歯のお悩み »

ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2285332/64038268

この記事へのトラックバック一覧です: 入れ歯と顎関節の関係:

« 春です 入れ歯を作るには良い季節です | トップページ | 部分入れ歯のお悩み »