« 柔らかいシリコーン義歯(コンフォート)のお話 | トップページ | 入れ歯セミナーのご案内④ »

2015年8月18日 (火)

歯が無い人の割合

こんにちは。札幌の入れ歯専門歯科クリニック、理事長の池田昭です。

皆さん、お盆の休みはどのように過ごされましたか?お盆も関係なく仕事だった方もいるでしょう。私は13日から16日までの4日間お休みさせていただきました。

その間に旭川までお墓参りをしてきましたが、お盆の期間中、北海道新聞をとっている方はご覧になったという方も大勢いるとは思います。そう、入れ歯セミナーの告知広告が新聞に載りました。
Photo

しかも、ゲストである星澤幸子様と私の頭の上に白い雲が被さってしまうというアクシデントも発生(最終原稿では雲は被さってはいなかったのに)しましたが、お墓参りの最中に申し込みの電話が殺到、残席わずかとなってしまいました。
あとは会場の配置を工夫することで座席数を増やすことを考えています。ご興味のある方はFAXまたは電話でお申込みください。メールでも受け付けています。

さて、そのセミナーに向けて色々と入れ歯に関するあれこれを調べていますが、なかなか興味深い数字もありました。

まず、65歳以上の日本人の75%は『何らかの入れ歯を使用している』ということです。
中でも18%の方が「総入れ歯」です。

では、日本人が世界的に見ても歯を失う割合が多いのかというと、次の数字を見ると実はそうではないということがわかります。

65歳で歯が一本も無い人の割合(数字が大きほど歯が無い人が多い)
カナダ 58%
イギリス 46%
フィンランド 41%
アメリカ 26%
日本 18%


どうでしょう。8020運動のおかげかと思いますが、世界的に見ても日本は歯が残っている方ですね。
ただし、残す意味のある歯をきちんと残すことが重要だと思います。
今にも抜けそうな歯を、いよいよ駄目になるまで残すことは顎の骨を大きく失う原因となりかねず、後に入れ歯を作る際にとても難しくなる場合があります。

大切な自分の歯を一本でも多く長く残したいという気持ちもわかりますが、歯医者さんと良く相談の上でどうするか決めることが大切でしょう。

では、入れ歯の相談を今すぐしたい、入れ歯で困っている、入れ歯のセミナーを申し込みたい、という方は、

電話 011-211-1000
FAX 011-211-1333


コンフォートデンタルクリニックまで連絡をお願いします。

« 柔らかいシリコーン義歯(コンフォート)のお話 | トップページ | 入れ歯セミナーのご案内④ »

入れ歯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2285332/64038065

この記事へのトラックバック一覧です: 歯が無い人の割合:

« 柔らかいシリコーン義歯(コンフォート)のお話 | トップページ | 入れ歯セミナーのご案内④ »