« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月28日 (月)

今年も沢山の患者様がご相談にいらっしゃいました。

こんにちは。
札幌で入れ歯専門歯科をしているコンフォートデンタルクリニック
カウンセラー小林です。


今年も残り数日です。当院は年内は29日の午前中で終了いたします。
年明けは1月4日からスタートです。


今年はトータル200人以上の方のカウンセリングを行いました。
どの方も深刻なお悩みを抱えていました。


その後、お悩みを解決し治療を無事に終え定期検診でこれからは安心した生活を過ごしている方
まだ治療中により順調に計画通りに通院されている方
タイミングにより来年まで治療開始を待っている方


カウンセリングは一度きりではありません。
訪れた時はタイミングが悪く諦めたとしても、また再度ご相談にいらっしゃる方もいます。


悩みは根本的な解決をしなくてはずっと続きます。
しかも状況は悪化している事があります。
前回は出来た治療が今回は行えなくなっている可能性もあります。


何を優先にするか
お口の中の環境を整えることにより、これからどんな明るい未来が待っているか


ケガをしたらやがて治癒します
しかし、ケガの原因を改善しなければまたケガをします


今を逃さずに慎重に決断する
あの時にこうしていれば・・・・なんて絶対に後悔しないで下さい


ある患者様のお話です。
患者様は嘔吐反射が強いので母のように異物である義歯を装着するなんて絶対に
無理だ!とご相談にいらっしゃいました。

欠損部分はありません。歯をまだ失っていないのです。
歯を失わないために悪いところを全部!徹底的に治して欲しい!
今まで歯科が苦手でなるべく避けていたそうです。

苦手になった理由は先生との関係
治療中に嘔吐反射が意思と関係なく起きました。反応は止められません。
先生に『神経質じゃないの?』と言われてショックでその時は何も言い返せずに
帰ってから泣いてしまったそうです。

今回の来院のきっかけはお母様の通院です。
当院の雰囲気や治療方針に共感を持たれそのお話を娘さんにしたそうです。
お母さんが楽しく通院されている様子に行ってみよう!と決心をしたそうです。

保険診療だと『症状はないしもう少し様子をみましょう』の診断は当院ではやめ
すべて起こりうる現状とこれからの不安要素をご説明しました。
過去に治療した歯の根の先に病巣がありました。

その不安がもし起きた時は抜歯も視野に入れるお話です。
患者様は再治療でその病巣を取り除くことをご希望されました。

当院は義歯をメインで診療しております。
根の治療も行っていますが根の治療専門歯科を行っている所にもご紹介しています。


そして・・・・嘔吐反射。
あんなに不安がっていた嘔吐反射でしたが、実はしっかりとカウンセリングを
させて頂いてお気持ちが楽になられたのかまったく問題なく治療が進んでおります。

嘔吐反射がある患者様から克服できたのです。
精神的なものも関係していたのかもしれません。

何を言いたいかというと患者様のご希望を軸に考えて治療計画に盛り込みます。
過剰な治療や望まれていない治療は極力さけ
担当医がしたい治療ではなく患者様が満足する治療。

しかし必要な治療、ベストな治療をご提案をしこれから起こる予測を
ご説明してから患者様と一緒に重要点や妥協点を話し合い治療スタートです。


それは自費だからこそ出来る治療です。
自費=高い!!.の考えから次に進み『何を大切にするか』
ただ高い義歯をやみ雲にお勧めしているわけではありません。


今年もありがとうございました!!
来年もよろしくお願い致します。

今年はご縁がなかった方も来年は良いご縁となりますようにお待ちしております。
Photo



コンフォートデンタルクリニック

011-211-1000

http://www.irebasapporo.com/

2015年12月27日 (日)

入れ歯セミナー「笑って笑ってクリスマス」

こんにちは!
コンフォートデンタルクリニック
入れ歯専門カウンセラーの吉崎美加子です。


雪が無いクリスマスxmas
子供の頃に一度あったような・・・
いよいよ今年もあと残すところ5日となりました。

先日、ホテルライフォートで
入れ歯セミナー《笑って笑ってクリスマス》開催いたしましたshine

今回のセミナーはクリスマスが近いということもあって
堅苦しくなく
笑いの絶えない楽しいセミナーにさせていただきました。

まずはマジックショーから・・・
Photo_2


今までに
マジックショーから始まる医療セミナーを見た事があるでしょうか・・・
斬新shine
この方は小林雄二さん。
もと、高校の校長先生です。今はコーチングの先生をしていて
とても温かく優しい方です。

そして池田理事長による
入れ歯セミナーkaraoke
Photo_4


Photo_6


《笑うことの素晴らしさ》がテーマ
笑うことが体や心にいかに大切なことなのかがわかりました。
その為には思い切り笑うことができる入れ歯が必要です!
池田理事長はただ入れ歯を作るだけではなく
その先の患者様の幸せを大切にしています。


その次はお待ちかねshine星澤幸子先生の登場です。
Photo_7

なんとダンスの大会の合間に来て下さいました。
エスコートさせていただいたのは
当院の名誉院長note

今回も楽しく、面白く食べることや笑うことの素晴らしさを
話してくださいました。

Photo_8

セミナー後半では
個別入れ歯相談会です。
日頃なかなか聞けない入れ歯の事や
色々なお悩みをお伺いいたしました。

「患者様の数だけお悩みが有り、患者様の数だけ解決する入れ歯がある」

私達は道内初の入れ歯専門クリニックとして
患者様のお悩みをしっかりと受け止め
解決する道を徹底的に探ります。

来年もまたテーマを変えてセミナーを開催予定です。
患者様にたくさんの事が伝えられらたら・・・と思っています。


コンフォートデンタルクリニック
http://www.irebasapporo.com/


011-211-1000

2015年12月26日 (土)

池田昭のストーリー その7

皆さんこんにちは。北海道で唯一の入れ歯専門歯科クリニック、コンフォートデンタルクリニックの理事長、池田昭です。

今年もあと少しで終わってしまいます。私のストーリーはまだ終わっていませんが、なかなかじっくり書く機会も少なくて。


言い訳は辞めます。

そんな暇があったらストーリーを進めましょう。今回のパートは、入れ歯治療が嫌いだった私が入れ歯治療が好きになる重要なきっかけの話です。

皆さんこんにちは。北海道で唯一の入れ歯専門歯科クリニック、コンフォートデンタルクリニックの理事長、池田昭です。

今年もあと少しで終わってしまいます。私のストーリーはまだ終わっていませんが、なかなかじっくり書く機会も少なくて。言い訳は辞めます。

そんな暇があったらストーリーを進めましょう。

さあ、この世の中にはこれまでとはちょっと違った入れ歯の製作方法があると知った私は、その製作方法を知るべくセミナーに参加しました。

株式会社バイテック・グローバル・ジャパンが主催し、シリコーンを応用した、「コンフォートデンチャー」という新しい入れ歯についてのセミナーです。

札幌で行われたそのセミナーには思った以上に多い先生方が参加していました。100人は超えていて200人には満たない、それくらいでしょうか。私は会場の右側、前から2列目に座りセミナーが始まるのを待ちました。

他の先生方は何を期待してこのセミナーに参加しているのだろうか?私と同じように入れ歯治療に悩み、何とか患者さんを噛めるようにしたいと思っているのだろうか?

時間に鳴りセミナーは始まりました。その入れ歯製作法の特徴は、入れ歯の内面に柔らかなシリコーンを貼り付けるということにあります。その効果で痛みは生じ難く、外れ難い入れ歯を作ることができます。

まずはそのシリコーンとはどういう物なのか説明があり、そして次に具体的な治療手順に話が進んでいきました。

それは参加前に想像していた通りの手順でした。

こうしたらきっと上手くいくのでないか?と感じていたそのやり方が正規の手順として紹介されていたのです。

自分のやり方が肯定されて、とても気分よく時間は過ぎていきました。「あの先生」があのおかしな質問をするまでは。

恐らくセミナーの肝となる部分の説明が半分は過ぎた頃だと思います。

「痛みを生じないってことだけど、もし痛いって言われたらどうするの?」

中央付近の先生が質問しました。

答えていたのは、技術の開発者である歯科技工士です。

「製作の過程で痛みがないことを確認し、それでも痛みがあれば調整を必要とする」

なるほど、はい次。と思っていた所に先ほどの質問者である先生が、

「いや、それでも痛いことがあるでしょ。きっと。その場合、どうするの?」

おっと、こだわるね。

それに対する回答があったと思ったら、

「患者からお金もらって、痛いとなったら困るんだよ、その場合、どうしてくれるの?」

いやいや、どうするもこうするも、そこはドクターの頑張り所だろ、早く進めてくれないかな。

ちなみにこの押し問答的な状況が5分くらい続いたところでとうとうセミナー講師が、

「もうわかった!これから話そうとしていた内容は取りやめて、この質問に対する答えをこれから見せる!」

まさにキレてしまったのです。

セミナーの後半は何か凄いテンションで話しは進みました。結局、最後まで怒り口調、私たち他の参加者は喧嘩に巻き込まれた感じです。でも私は、このシリコーンを応用した入れ歯の製作方法に大いなる可能性を感じてセミナー会場を後にすることができました。

運命的な出会いなど、一生のうちにそう何回もあるものではありません。

まさかこの時点で、「コンフォートデンチャー」から名称を拝借して「コンフォートデンタルクリニック」を開業することになるとは夢にも思ってはいませんでした。

コンフォートデンチャーは、数ある選択肢の中の一つ、ましてや大の苦手の入れ歯治療でしたから。

ともかくこれは明日からの診療に取り入れてみるしかない、そう強く思いながら、せたな町のクリニックに戻りました。

人間、新しいことを学んだらなるべく早くそれを実行に移す必要があります。感覚として、1週間やらなかったらきっとやりません。ですからなるべく早く「コンフォートデンチャー」を始めてみる必要がありました。

幸い、入れ歯の患者さんは毎日、山ほど来院されます。そこでまずは無料でやってみることにし

ました。

最初の患者さんは、上の総入れ歯の患者さんです。今なら違う治療方法を選択したと思いますが、失敗の無さそうな、無難な患者さんから始めてみました。

セミナー後半からの喧嘩の影響かどうかはわかりませんが、詳細な治療の手順は示されないままでしたので、普段の治療方法を応用しながらとにかくシリコーンデンチャーを完成させました。

完成したシリコーンデンチャーを初めて患者様の口の中に入れた時の感動は今でも良く覚えています。

外したくても外れない、これまで経験したことの無いほどの吸着力です。

でも、結論から申し上げますと、結果は失敗でした。

入れ歯は外れないのですが、密着しすぎてあちこち痛くなってしまったのです。

でもその時に決心しました。

「シリコーンデンチャーの症例経験数、日本一を目指す」

人口1万人以下の田舎町の歯科医師がそう心に誓ったのです。

そして次のコンフォートデンチャー症例が現れました。

そして失敗しました。入れ歯を使うことはできても、完璧とは言い難い状態です。

そしてまた次のコンフォートデンチャーの患者さん。

んー、今度はそう来たか。また失敗です。でも、前よりは上手くいきました。

結局、あっという間に数十症例を経験したのです。当然まだまだ失敗もあります。でもそれとは反対にとても上手く行く症例も多くなりました。

気が付けば、総入れ歯の患者さん2人に1人はシリコーンデンチャーを選択するようになりました。

その頃には、入れ歯でも何でも噛めると喜ぶ患者様が多くなり、スタッフもそれを見ては感動し、入れ歯が痛くて困っている患者には積極的に「コンフォートデンチャー」を勧めていきました。

これまで入れ歯の治療で患者と一緒に悩み苦しんできた私が、入れ歯の難症例をウキウキしながら求めるまでに意識が変わりました。「コンフォートデンチャー」という武器さえあればもう入れ歯治療は怖くはありません。

2007年のある日、東京から一本の電話がかかってきました。「コンフォートデンチャー」の製

造元である、株式会社バイテック・グローバル・ジャパンの社長からです。

「これだけの数の症例を経験している先生は全国的にもそうはいません。ぜひ、東京でセミナーを開催して治療方法のコツをお話してもらえませんか?」

東京!

実は私、大学を卒業して以来、北海道外の旅行は全く無く、東京に行った記憶は小学生の頃のものです。高校の修学旅行は、京都以外に行ったかどうかも定かではありません。

果たして無事にたどり着けるかどうかも怪しい。

「やらせてもらいます」

あ、引き受けちゃった!



入れ歯に関する悩みはお受けします。
まずは無料相談から始めましょう。皆さん、そこからスタートしています。
電話 011-211-1000(平日9時~18時)

2015年12月24日 (木)

ウルリ~ドライマウス

皆さんこんにちはsun

デンチャーアドバイザーの西東ですnote
今日はクリスマスですねhappy01
美味しい物を食べて笑顔で素敵な一日をお過ごし下さいねheart01
さて今日はドライマウスでお悩みの方にご紹介するココナツオイルをご紹介しますnote
ウルリVDです。
Uru






ウルリVDとは
・お口の中の潤いが気になる方
・毎日の息をリフレッシュしたい方
・ネバネバやカラカラが気になる方
・常にペットボトルが手放せない方
にオススメですsign03
健康志向の高まりの中、今話題のオイル・プリングに使用されたり、料理やマッサージ等にも多用されるココナッツオイル。
ココナッツオイルの中に中鎖脂肪酸トリグリセリドとビタミンDを配合し、手軽にオイルのままほっぺたの内側に塗っていただくか、入れ歯に直接塗ってお使い頂けます!!
私も試しましたが使いやすく、お口の中に潤いが出ましたgood
試供品もございますので気になる方はお声がけください!!
コンフォートデンタルクリニック
011-211-1000

2015年12月21日 (月)

噛み切れない・力が入らない義歯

こんにちは。
札幌で入れ歯専門歯科のコンフォートデンタルクリニック
カウンセラー小林です。


今日の患者様のお話は『噛み切れない・力が入らない義歯について』です。
この患者様は84歳の男性。上下に総義歯を装着されていました。


主訴は『思ったように食事が出来なくて困っている。作って1年半だが最初から良くなくて何度も調整しているが改善しない。嚙めないから食事中は外して歯ぐきで食べている。』


義歯は、美味しく食べるために入れるのに・・・。
食事の用意をしている奥様も大変です。
流動食のような食事や細かく刻まなくてはなりません。


そんな生活をこのご夫婦は1年半もの間、我慢していました。
もう我慢の限界でした。


診断してみると

調整や新しい義歯になる度に咬み合せの高さが低くなった義歯となり
お顔が面長から丸顔に変化していった様子です。
低くなると、どんな支障があるか。

筋肉が正常に働きませんので力が入りにくくなります。嚙む力が弱くなります。
面積の小さい義歯を入れていた為にその空間を埋めるように
お口の組織が変化して頬粘膜が内側に入り込み舌が肥大していきます。

また口角(唇の端)が常に密着してただれて炎症を起こします。
お話するときも外れてくるために先週のお話した患者様のように
口を開けると口の周りに本来は必要ない力が入ります。

義歯が不安定でお口の中で動きそれがアゴの土手(骨)をどんどん減らし平ら
更にえぐれてしまいます。

1
初診時。低い為に口角に横ジワが出来ています。唇も内側に入っていき薄くなっています。鼻下がつぶれていることがわかります。



*改善点*
・平らになった土手にしっかり吸着・動かない正しい大きさの形をリハビリ義歯で見つける。
・低くなった高さを戻しアゴの動きを正常に戻す
・ついてしまった筋肉や口の悪い癖を改善する
・しっかりと食事中に嚙む・力を入れられるように改善する
・歯があった頃の本来のお顔に戻す
などがメイン治療となります。


患者様のペースに合わせながらもどんどん改善とリハビリをして6ヶ月かけて治しました。
義歯が外れずにアゴが動かせると食事はもちろん、話し方もスムーズに滑舌良くなります。笑顔も増え歩く姿も前よりしっかりと確実に地面を蹴っています。

力が出せるようになると噛み締めて踏ん張る事も出来ます。

義歯の治療は急激に良くなるモノではありません。
治療中は大変な努力と根気だったと思います。

言葉数は少ない患者様でしたが
『入れ歯の吸着が良すぎて外すのが大変なくらいだよ!当たり前に食べられるようになって良かったよ!』と、言って下さいました。


終了時。別人のようです。アゴが出来ました。シワも無くなり若返っています。
鼻の形、顔が面長になり窮屈そうだった鼻下がスッキリです。笑顔が素敵です。
2


個人差がありすべての患者様がスムーズにいくとは限りません。
もっと日数がかかる方もいらっしゃいます。


しかし、必ずゴールはあります!


コンフォートデンタルクリニック

011-211-1000

http://www.irebasapporo.com/

2015年12月18日 (金)

12月20日クリスマス入れ歯セミナー☆

こんにちは!
コンフォートデンタルクリニック
入れ歯専門カウンセラーの吉崎美加子です。

雪がすっかり無くなりましたね。
もしかしたら、雪が無いクリスマスになるかもしれませんね・・・

今日は
12月20日(日)に行なわれる
クリスマスxmas入れ歯セミナー
最終ご案内です!

Photo_2


会場は
札幌市中央区南10条西1丁目にある
ホテルライフォート札幌 17階 です。

17階から見える景色は最高♪
Photo_3


そして
今回のセミナーはなんと言っても「笑顔」がテーマなので
楽しく明るい内容になっています。

池田先生がお作りする
大笑いしても外れない入れ歯
銀色のバネが目立たない入れ歯
カラオケが思いっきり歌える安定した入れ歯
沢山ご紹介致します。

そして
笑顔になれる入れ歯がどんなに体にいいのか
人生がどれだけ豊かになるのか
楽しくお伝えいたします。

後半では
当院の患者様を招いて
表情筋を活性化させる体操を皆さんと一緒にやってみようと思います。

料理研究家の星澤幸子先生をゲス講師としてお招きし
これまた楽しい
食まつわる楽しい笑顔になれるお話をしていただきます。
Photo_4



医療セミナーだからといって決して堅苦しくはなく
楽しい雰囲気で
しっかり知識を持ち帰っていただければと思います!

スタッフ一同
心よりお待ちしておりますxmas


コンフォートデンタルクリニック
http://www.irebasapporo.com/


011-211-1000

2015年12月17日 (木)

口腔ケアは、お休みします。

こんにちは(◎´∀`)ノ
歯科衛生士の 小松 です!
私、小松は 今日から出産のため産休に入ることになりました。
お休みの間、口腔ケアもお休みとなります。
昨日は、池田院長はじめドクター&スタッフで忘年会をしてきました!
Img_2412
おいしい料理を堪能し、今年一年も無事に終わりをむかえることができるという
感謝の気持ちで、楽しんできましたheart
そこで、サプライズが・・・
みんなから 産休に入る私に ベビー布団一式 のプレゼントを頂きましたhappy01
とてもうれしかったですheart04
頑張って出産にのぞんできますscissors
こんなにあたたかいスタッフが待っています!
ご相談お待ちしています!
電話 011-211-1000(平日9時~18時)
コンフォートデンタルクリニック

2015年12月16日 (水)

患者満足度と患者幸福度

こんにちは。札幌の入れ歯専門歯科クリニック、コンフォートデンタルクリニック理事長の池田昭です。

この数日、雪も降らず平和な状態が続いております。壊れていた除雪機も修理が完了して戻ってきました。だからと言って雪が降れとは思いませんが、とりあえず一安心です。

さて、当院での入れ歯治療を希望される方は様々な主訴を持っています。
入れ歯を製作するにあたっては、少なくともその主訴を解決することに力を注ぎます。

とりあえず入れ歯が入って、何かあったら調整に来てね、ではきっと上手くいきません。これまで皆さんが経験してきたことと同じことです。

入れ歯が完成する前に、問題がないことを確認してから完成させる、治療方法を第一に提案させてもらっていますが、それにしても入れ歯の主訴を完全に解消することはなかなか大変なことです。

ですから、入れ歯の治療のみで患者様から満点をもらうことはそう滅多にあることではないです。まあ、たまにはありますが。

そこで当院では、入れ歯の機能を補うための「口腔機能改善支援サービス」や、入れ歯では改善しきれない、ほうれい線などの見た目の問題を解決するための「表情筋機能再生トリートメント」など、入れ歯以外の様々な取り組みを行っています。

また、治療開始前から治療中、治療終了後も患者様に寄り添う、入れ歯カウンセラーの存在も大切です。
でも、患者様にはもっと様々な悩みを抱えている方が大勢います。中には家族に関する悩みを打ち明ける方もいます。
さて、そのような方が入れ歯の治療が完了して、噛めるようになったとして、果たして「幸福」といえるのでしょうか?

入れ歯の満足度はまあまあ合格点となっても、幸福度が低ければとても残念に思います。
ですから、歯科クリニックで他にも何ができるのか、常に考えています。

という訳で、今日は柔道整復師、ダイエットトレーナー、その他各種プライベートトレーナーの野田勝様に、クリニックに半日いてもらい、どのようなサービスが提供できるのかリサーチしてもらいました。

下は患者様の手のスベスベマッサージをしているところ。

1454336_533039493539755_163691073_2



女性は何歳になっても美しくあって欲しいと願い、美に対する様々なアプローチができる彼とのコラボレーションに私も期待しています。
せっかく入れ歯を作って頂いた患者様の「幸福度」を向上するために、今後も多くのサービスを提供する予定です。人生の潤いを提供できる場所として、歯科クリニックという枠を超えて、常識にとらわれない発想でこれからも頑張って参ります。

でも、最初のきっかけは「入れ歯のお悩み相談」です。そこから人生の転換は始まります。
相談した時点から始まるんです。まずはお電話を。

電話 011-211-1000(平日9時~18時)
コンフォートデンタルクリニック

2015年12月14日 (月)

ストレスない義歯

こんにちは。
札幌で入れ歯専門歯科のコンフォートデンタルクリニック
カウンセラー小林です。


忘年会シーズンですね。一年の締めくくりを仲間で美味しい物を食べながら
楽しくお話をして来年の抱負などをそれぞれ聞きながら・・・
ついつい飲みすぎてしまいますねhappy02


今日は『ストレスない義歯』のお話です。

あなたは今の義歯に満足していますか?
自然に笑えていますか?


ある患者様のお話です。

患者様のお悩みは
『歯ぐきが痩せて食事中に嚙むと下の入れ歯が当たりとても痛い。思い切って新しく入れ歯を作ったが今度は大きすぎて食事が上手く出来ない。結局、古い入れ歯に安定剤を沢山貼って食べ物が美味しくないがそれで何とか食事している・・・・』


とても深刻なお話です。
お顔も暗く80歳のご年齢を考えると食事がしっかり取れないと健康に影響が起こります。
今は食べられないが実はお肉が大好きだそうです。

お口と入れ歯を確認してみると・・・・
入れ歯が小さすぎてしっかりと顎の骨を覆っていません。
その為に咬むと義歯が沈み込み歯ぐきを圧迫して食い込んでいました。

男性で体も大きく咬む力が強いので、義歯を外しても義歯の跡がくっきりと残り
入れ歯の形で骨が吸収されて低くなっていました。

また、小さい義歯なのでまったく吸着がなくすぐに浮いてきてしまう為に
口元の筋肉がそれを補う為に外れないように普通の人はない変な力が入る癖がついて
いました。

1
歯を見せて笑ってくださいとお伝えして撮った写真です。
口角・下唇の下にとても強い筋力がかかっています。



*改善点*
・適正な大きさの義歯を入れる
・癖になってしまった筋肉の凝りをリハビリの義歯でほぐす
・今までより正しい大きさの義歯に慣れる
・ベタベタする安定剤にたよらない義歯の密着による吸着での使用方法を理解する


今の義歯は4年間の使用期間でした。4年の月日は長いです。
不具合のある義歯と4年共に過ごすとお口の中の機能は狂い新しい正しい義歯を
お口の組織が受け入れるまで個人差もありますが、大変です。


しかし人間の力はやはりスゴイのです。
狂ったものを正しく機能する回復力も必ずあります。
そうなるまでの間、患者様はゴールに向かって頑張ります。


それは元気になりたい。
美味しい物を食べたい。
辛いお悩みとおさらばしたい。

そのお気持ちを私たちは取り込みサポートしていきます。
その時その時の患者様のお話や思いをお聞きしその時のベストを考え努力します。


ただ良い義歯を作れば良いお話ではありません。


見てください。
こんなに変化した口元を!

2
とっても素敵な笑顔になりました!
自然なゆがみのない歯があった頃の口元の動きに戻りました。
若返りにも繋がります。


義歯が義歯らしく見えないのは歯の見える範囲、立体的な歯並び
凹凸のない皮膚の滑らかなハリです。


今は、調子よく何でも食べられて痛くない外れないストレスない日常を過ごしています。


患者様がお元気な笑顔でそう言っていただけるとこちらも嬉しいです。
今まだ悩んでおられる方はぜひ、お電話を下さい。

原因と改善を一緒に取り組みましょう!


コンフォートデンタルクリニック

011-211-1000

http://www.irebasapporo.com/







2015年12月10日 (木)

12月クリスマス企画です!

こんにちは( ^ω^ )paper

コンフォートデンタルクリニック 歯科衛生士の山岸ですchick!



1年ってあっという間ですね( ´;ω;`)sweat01
気づけば年末です。。。

そして、表情筋機能再生フェイシャルトリートメントを
取り入れてから、もう1年が経とうとしています。

たくさんの患者様に施術を受けてもらって、


”美容に興味を持った”

”お出かけが好きになった”

”気になっていたシワが消えた”

”歌いやすくなった”

など、実際に変化を体験していただけて、
すごくうれしいです(*´Д`*)heart04



12月は、クリスマス企画で、
表情筋機能再生フェイシャルトリートメントの
施術¥5,000分 金券チケット

プレゼントしておりますpresentヽ(´▽`)/present

入れ歯は作らない、調子が良いけれど、
フェイシャルトリートメントだけしにくるという方も
いらっしゃいます!


12月限定のチケットですので
お早めにご連絡下さいtelephone!!


コンフォートデンタルクリニック

building 札幌市中央区南2西3-12-2

  トミイビルNo37 3階

telephone011-211-1000

2015年12月 9日 (水)

池田先生 TV出演

こんにちは!
コンフォートデンタルクリニック
入れ歯カウンセラーの吉崎美加子です。


今日は池田先生のテレビ出演の撮影にお供致しましたnote

最近
の服を着た池田先生を地下鉄や市電などで
ちょくちょく見かける事が多くなり
新患の患者様からのお電話でも
「あのの先生」と言われる事があります。

ということで
今日の晴れ舞台でもいつものsign03

Tv


札幌に

オーダーメイドでその方にあった入れ歯を
真剣に真心込めておつくりする

そんな

入れ歯専門クリニックがある事を
少しでも多くの皆様に知っていただけたら幸せです!

池田先生が軽快に繰り広げるトークは
12月19日 土曜日 10時55日~
UHB 「土曜プレゼンアワー」でご覧いただけますtv


コンフォートデンタルクリニック
http://www.irebasapporo.com/


011-211-1000






2015年12月 8日 (火)

池田昭のストーリー その6

こんにちは。札幌の入れ歯専門歯科クリニック、コンフォートデンタルクリニックの理事長、池田昭です。

週末に乗った飛行機があと15分で新千歳空港に着陸という時に、翼にある「フラップ」という装置が途中で止まってしまったので、その状態でも着陸が可能かどうか検証します。というアナウンスが流れました。

フラップとは、飛行機がスピードを落としても浮き上がる力をアップさせる装置です。それが作動しないとということは、着陸の為にスピードを落とせば非常に不安定になるか最悪、失速して墜落するということです。

出発空港に引き返せば良いとかそういう問題では無く、絶対的に必要な着陸が困難になったということを意味します。困難度合いはわかりませんが、コクピット内の様子を勝手に想像して恐怖し、そして考えても仕方が無いので考えるのを止めました。

結論として今こうして無事に生還したのですが、とにかくかなり上下に揺れる激しい着陸となりました。

人間とは面白いな思ったのは、その際に乗客の誰もが取り乱すこと無くじっと耐えていて、そして飛行機を降りてから多くの人々が「死を覚悟した」と口にしていたことです。着陸の途中で誰か一人でも、「嫌だ!死にたくない!」と叫んでいたら機内がどんな混乱に陥っていたのか。

この調子では本編に入れません。

前回は、入れ歯治療に明け暮れて経営的に窮地に追い込まれ、インプラント治療を取り入れて見たところ収益が大きく改善した、という所まででした。

私、ふと思ってしまったのです。

「インプラントは取り外せない。ということは、手がけたインプラントが残っている限りその患者さんのことはずっと面倒を見なければならない、つまり北檜山町にずっと居なければならない。」

 

そして今の自分にその覚悟はできていない。

 

インプラント治療は止めました。少なくとも積極的に勧めることはしなくなりました。

 

また入れ歯治療に向き合わなくてはなりません。やれやれ。

そこで「入れ歯を作ること」自体を止めてみました。

古い入れ歯がまだ使えれば、それを改良してもう一度使ってもらう。

そうすると、少なくとも今までの入れ歯よりも多少改善されます。治療回数も1~2回で済みます。

今にして思えばこれを繰り返すことで「上手く行かない入れ歯の原因」というものが良く見えるようになりました。

とは言え、そんなやり方では到底全ての患者さんに対応できません。

 

そこで、新しい入れ歯が出来上がったらその日のうちに様々な手を加えてみることにしました。

例えば、新しい入れ歯が外れやすいと言われたら裏打ちをする、新しい入れ歯が痛いと言われたら柔らかい入れ歯安定剤のような物を貼り付ける、などです。

こんなことをしなければならない入れ歯は「失敗」と言われています。ところが患者さんは「こんなにピッタリな入れ歯は初めてだ」と言って喜ぶのです。「失敗の入れ歯」に少し手を加える事でとても良い入れ歯になることに気が付きました。

 

果たして「失敗の入れ歯」とは?またしても悩みます。

 

 

私の出した結論は、「患者さんが受け入れてくれない入れ歯」が失敗です。

作った入れ歯を患者さんが受け入れてくれるまでの過程(完成した入れ歯に手を加えるとか)がどうであれ、患者さんがちゃんと使ってくれればそれは「成功した入れ歯」と言えるのではないだろうか。

 

完成した入れ歯に不満があれば手を加えて改善し、患者さんが喜んで使えることを確認してから「本当の完成」にする入れ歯製作方法があったら良いのに。

 

確かに手を加えてしまえば継ぎはぎだらけ入れ歯になってしまい、見た目にも良くありません。時間の経過と共に劣化も早く進みます。

 

次の何かが、「何か」が必要だ。

痛くなく噛めて外れにくい入れ歯のために。

 

いやそれ以前に、入れ歯の調整にこれ以上時間をかけていてはクリニックの継続自体が危うい。何とかしなければ。

 

そんな悶々とした思いを抱きながら歯科医師向けの雑誌をめくっていた時です。「入れ歯製作方法」のセミナーの案内が目に留まりました。当時の雑誌にはインプラント治療の情報ばかりが溢れていて、まるで誰もが入れ歯治療のことなど忘れているかのようでした。

 

その「入れ歯製作方法」のセミナーには「シリコーン」と記してあります。製作の手順もこれまで私がやってきたことの応用のように感じました。

 

「これだ!」

迷うこと無くセミナーに申し込みました。

 

そのセミナーではなかなかお目にかかれない、珍事が起きましたけど。

続く。

ここに来てようやくシリコーンの入れ歯の話が出てきました。


入れ歯の相談は、北海道で唯一の「入れ歯専門」の私達に。相談は無料です。悩みを聞かせてください。

電話 011-211-1000(平日9時~18時)

2015年12月 7日 (月)

『自分らしくいられる義歯』

こんにちは。
札幌で入れ歯専門歯科のコンフォートデンタルクリニック
カウンセラー小林です。

今日は『自分らしくいられる義歯』のお話です。


義歯(入れ歯)の皆さんから受けるイメージは少しマイナスだと感じています。
差し歯やインプラントも入れ歯同様に歯にかわる人工的なモノです。
しかし義歯だけは入っている事を秘密にしてしまう人は少なくありません。

この違いはなぜでしょう。

義歯はご年配の方がするモノ・・・・というイメージでしょうか?
漫画やアニメで観る義歯を使用する人物は玉ねぎ髪で縁側でお茶を飲んでいるような・・?


とんでもありません!


当院の患者様は皆さんオシャレで年齢よりも若く沢山のご経験をされた素敵な方ばかり!
まだまだやりたい事、夢に向かって色んなことに挑戦し続けています。


ファッションセンスや意識も高くとても憧れます。
お時間やお気持ちに余裕のある方はシュッとして考えも柔軟です。


テレビでたまに観る発毛増毛コンテスト、ダイエットに成功して美しいプロポーションとなった方のコンテスト、最近流行の筋力トレーニングでダイエットして変身した姿を映すCM。


それに負けないくらい皆さん新しい義歯が入ることにより素敵で自信溢れた魅力的な
笑顔を取り戻します。


もしも義歯ダンディー・義歯チャーミングコンテストが出来るのなら開催したいくらいです。


海外に行った時に80代くらいの外国の女性が赤い口紅とマニュキュアでピンクのアロハワンピースを着てご主人と手を繋いで歩いているのを見かけました。
とっても可愛らしく私の心はほっこりしました。

年相応の格好なんて関係ありません。その方らしくいること。


寝たきりの高齢の方が海外では少ないのはそんな枠にとらわれないスタイルからストレスなく過ごされている結果なのかもしれません。

『義歯を入れること』

皆に自慢したくなるくらいの義歯となってもらえたら最高です。
現にそうしてくださる患者様が当院にはいます。
家で外しうっとり眺めているそうです。

機能的にも審美的にも良い義歯を入れることは外側から内側から健康になれます。

したい事をする。好きなものに触れる。
そんな風に過ごせ幸せになるにはまずはお悩みを解決です!

Photo


コンフォートデンタルクリニック

011-211-1000

ホームページ

http://www.irebasapporo.com/

2015年12月 3日 (木)

誕生日♪

こんにちは(o^-^o)衛生士の道振です

最近雨が多くて道がぐちゃぐちゃですね、、

冬は始まったばかりですがもう春が恋しいです(。・w・。 )

私事なのですが先月私の誕生日でした(*^-^*)

この年になると誕生日もあまりうれしくないのですが、診療が終わった後に

スタッフ、ドクター皆でケーキを買ってお祝いしてくれましたー♪ 

_20151201_162548

私はコンフォートデンタルクリニックに就職して三回目の誕生日なのですが

毎年皆でお祝いしてくれます(≧∇≦)

もちろん私だけではなく、スタッフ全員の誕生日を皆でお祝いします★

友人に話すと「今時皆の誕生日を祝う職場って少ないよー!いい職場だね」っていわれます♪

本当に素敵な環境で仕事ができて幸せだなーと思います♪ 

これからもコンフォートデンタルクリニックの一員として、患者様に満足していただける入れ歯を作れるように頑張ります(o^-^o)

2015年もあと一か月ですね♪

是非お口のクリーニングをして綺麗な歯で新年を迎えませんか?

御連絡お待ちしております(*≧m≦*)

池田昭のストーリー その5

こんにちは。札幌の入れ歯専門歯科クリニック、コンフォートデンタルクリニック理事長の池田昭です。

 

先日、雪がどかっと降りましたが、その際に除雪機を動かそうとしたら途中で止まってそれっきり前にも後ろにも進まなくなってしまいました。しかも車の後ろで。

かなり古めの中古の除雪機ですが、ディーゼルエンジンの結構大きめの機種で、雪の中に埋もれる形になっていて、人力ではとても移動できません。業者に修理を依頼していますが、忙しい、トラックが雪のせいで除雪機の所まで入っていけなかった、などの理由で1週間以上そのままです。

 

そうこうしているうちにもどんどん雪が降ってまいります。そう、北檜山町初出勤の日も雪が降っていました。

 

さて、今回はまた池田昭のストーリー、5回目でございます。

前回は記録的な吹雪の中、札幌から北檜山町まで何とかたどり着いてしまった所まででしたね。

 

北檜山町での数年間は、私の歯科医師人生において非常に重要で、今の自分があるのもここでの経験があってのことだと思っています。もし札幌などの都市部で働いている先生がこれを読んでいるとしたら、田舎町で歯科医師として働くとしたら、どういうことが起こって、そしてきっと良い経験になるということを知ってほしい。でもそれも今だから言えることかもしれませんが。

 

それでは北檜山町で働き始めて何が起きたのか説明していきましょう。

最初の衝撃。

患者さんがクリニックの隣の土地に、新しいクリニックと自宅に建ててくれました。私、お金は払っていません。建ててあげるから新しい建物に移りなよ、ただそれだけです。

結果、北檜山町勤務を始めて数カ月後、雪が溶けてゴールデンウィークには新築のクリニックと自宅に住むことになりました。家賃は古い建物のクリニックのテナント賃料と、賃貸アパートの家賃を足したものと同額です。

 

これは父がその患者さんと築いてきた信頼関係によるものでしょうが、それにしてもそんな旨い話があるものなのか?旨過ぎやしないか?

その意図の裏を読んで、そのまた裏の裏を読んではみましたが、結局、クリニックが新築になり、それだけでした。

 

治療の御礼に、お菓子や商品券をもらうことはあっても、新築のクリニックと自宅を頂いたのは初めてです。全国的にもまあ、無いでしょう。この先も滅多にあることでは無いとは思いますが、もし同じことを考えている患者さんがいれば、次はビルをお願いしたい。戸建てではもう驚きません。

 

さて、これだけでも十分驚異的な出来事でしょうが、私にとってもっと衝撃的な出来事はまだまだ沢山あります。ここでは書けないようなこともありますけど。

 

衝撃その2は、農家さんの3ヶ月診療サイクルでしょうか。ピンと来ない人もいるかもしれません。私も初めての事だったので随分戸惑いました。

農家の方々は、3ヶ月毎に、「忙しい時期」つまり通院できない時期と、「暇な時期」がやってきます。つまり、3ヶ月の間に治療に区切りをつけなくてはなりません。

それで何が起きるかと言うと、治療をすればまだ残せそうな歯も、治療期間が3ヶ月を超えるようであれば抜歯して、そして入れ歯にすることを強く希望されます。

結局、微妙な歯は尽く抜歯を余儀なくされて入れ歯の治療へと進んでいきました。これまでなるべく歯を残す努力がかえって迷惑な場合もあると自分を納得させて対応しました。

 

衝撃その3は、その2に付随したことです。

1日の治療の半分近くが「入れ歯」に関することになってしまいました。

今から10年近く前の時代です。当時の歯科界の雰囲気は、「インプラント治療が最高・最良、やらなければ時代遅れもいいところ」みたいな感じでした。「アメリカでは入れ歯治療の数はゼロに近い。いずれ日本もそうなる」とまで言われたことがあります。実際、そんなことは事実無根なのですが、そんな風潮の中、自分のアポイント帳は入れ歯の患者さんで埋め尽くされている訳です。

 

そしてその入れ歯治療が上手く行かない。

 

入れ歯治療の辛いところは、「入れ歯が完成したら、はい終わり」といかないところです。

入れ歯を作っては、「ここが痛い」「次はあそこが痛い」「また今度はこっちが痛い」、この対応に追われる毎日でした。

 

待合室は患者さんで溢れています。

でも入れ歯の調整に関わる治療費は殆ど無料に近いものです。治療回数が一定数を超えると、本当に無料でやらざるを得ません。

 

生活はドンドン厳しくなっていきました。ついには自分の給与が無くなるくらいに追い込まれました。

 

「このままでは潰れる」

 

それまでの自分は、「患者さんを幸せにしたら、自分達も自然と幸せな暮らしが出来る」

そう信じていました。でもそれは妄想だったのでしょうか。

そこでインプラント治療を導入してみました。結果、驚くほど収支が改善しました。

 

めでたしめでたし。

 

では終わりませんよ。そんなに単純な話ではありません。もしかしたら他の先生は単純に考えろと言うかもしれませんが。続く。


入れ歯のせいで人生悲観する必要はありません。解決法はきっと見つかります。
入れ歯に関する相談は、
電話011-211-1000(平日9時~18時)
コンフォートデンタルクリニックまで


2015年12月 2日 (水)

コンフォートデンタルクリニック  ランチ会♪

こんにちは!
コンフォートデンタルクリニック
入れ歯専門カウンセラーの吉崎美加子です。

今日は先日開催した
「コンフォートデンタルクリニック  ランチ会restaurant」の
お話を致しますshine
Photo

今まで
入れ歯を作らせていただいた患者様にお集まり頂き
先生やスタッフと一緒にお食事する楽しい会restaurantです。

前回は夏にバーベキューを皆さんとしましたが
今回はお洒落にイタリアンでした。

Img_5016


患者様と治療中の思い出や
治療が終わった後の食生活の変化
ご趣味や最近のお話を伺い
楽しく過ごさせていただきました。

Img_5073


入れ歯は出来て終わりではありません。
出来てからスタートです。

理事長 池田昭先生はかねてから
「入れ歯は患者様のその後の幸せの為に作る」と
言っています。

患者様の噛める喜び
素敵な入れ歯生活は私達の活力にもなります。

これからもこの喜びが沢山になるよう
コンフォートデンタルは邁進してまいります。


ランチ会にご参加いただきました患者様
楽しいひとときをありがとうございました!

コンフォートデンタルクリニック

011-2111-1000

ホームページ

http://comfortdc.com/

http://www.irebasapporo.com/














« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »