« 低体温症に気を付けて! | トップページ | 入れ歯と核酸 パート2 »

2016年2月 8日 (月)

義歯を咬み合わせると歯ぐきが痛い

こんにちは。
札幌で義歯専門歯科クリニックのコンフォートデンタルクリニック
カウンセラー小林です。


『義歯を咬み合せると歯ぐきが痛い』について今日はお話をします。


例えば
●咬み合わせた時に均等に義歯の圧が歯ぐきに当たらずに何処かだけ
 強く点で義歯を支えてしまい負担がきて痛くなる

●義歯の咬み合う反対側の歯がご自分の歯により義歯が力に負けて
 ダイレクトに歯ぐきに負担がくる為に痛くなる

●食事をする時にご自分の歯の時は真っ直ぐに咬むだけではなく横にも動かし
 磨り潰す運動もしているが人工歯の形により上下の人工歯の歯の面がピタッと
 合いすぎてストッパーとなり磨り潰す運動が出来ずに義歯全体が揺れてしまい
 歯ぐきが擦れて痛い

その他にも色々な原因がありますがよくみる症例を書きました。



義歯の調整は難しいです。
当たっている所を削るだけではなく義歯の原理やアゴの動きを知らないと上手くいきません。



たまに歯を抜いてすぐに作ってしまった義歯をご使用されて痛くて咬めないと
ご相談にいらっしゃる患者様のカウンセリングをお受け致しますが
歯ぐきの傷が治り固まるまで個人差がありますが2~3カ月かかります。

その間に歯ぐきは形を変えます。対応としては仮義歯などで本格的には新しい義歯を
作らずに歯ぐきが落ち着くまで様子をみながら仮義歯を修正しながらご使用頂きます。
早く新しい義歯が欲しいとは思いますが焦ってはいけません。



準備が整うのに大事な待つお時間です。 


また咬み合う反対側のある歯の高さが平行ではないと作る義歯の人工歯の高さもそれに
合わせてガタガタとなり上手く咬めません。
状況やご希望をお聞きして反対側のご自分の歯の高さを揃える処置をご提案する場合もあります。



精密にアゴの型を取りしっかりとアゴの骨を覆う正しい大きさの義歯のフレームを作り
咬んだ時に均等に圧がかかる咬み合せで『動かない・ズレない・浮かない』を
目標にお作り致します。

反対側の歯の力のバランスが負けそうな時はクッション効果のあるシリコーン義歯もご提案致します。
池田理事長はコンフォートのシリコーン義歯の第一人者です。

シリコーン義歯はとてもデリケートで技術を要します。
経験を積んだ術者ではないと上手くいきません。


このように『咬み合わせると痛い。』は、ただ削るだけでは解決しない場合もあります。
何度も歯科に出向き削っても削っても上手くいかな時はご相談下さい。


コンフォートデンタルクリニック

011-211-1000

http://www.irebasapporo.com/

« 低体温症に気を付けて! | トップページ | 入れ歯と核酸 パート2 »

入れ歯について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2285332/64037871

この記事へのトラックバック一覧です: 義歯を咬み合わせると歯ぐきが痛い:

« 低体温症に気を付けて! | トップページ | 入れ歯と核酸 パート2 »