« 増え続けるオレオレ詐欺! | トップページ | 入れ歯治療が難しい理由 »

2016年2月15日 (月)

義歯の調子良さには個人差があり

こんにちは。
札幌で義歯専門歯科クリニックをしているコンフォートデンタルクリニック
カウンセラー小林です。


今日は『義歯の調子良さは個人差があり』のお話です。


保険の義歯は6カ月ごとに新しく作る事が出来ます。
意地悪な言い方だと、たった6カ月で悪くなる可能性があると言うこともいえます。

なんでもない義歯を新しくする必要はありませんがだいたいが毎日使用していると
咬む歯の面が磨り減りツルツルとなり咬みにくくなります。
お肉が咬み切りにくい・菜っ葉類が咬み切りにくいなどが起こります。

それにより義歯の高さも低くなり変化していく義歯に人が合わせて上手く対応して
咬みやすい場所を探して痛い所を避けて使用していきます。

それもいきなりではなく変化は少しずつなので気付かない事が多いようです。
なんでもないと思っていても実はトラブルの前触れが起きているが柔軟に
義歯と付き合ってしまっているのです。

その結果、本来は不具合がある義歯も徐々に慣れることにより
『この義歯は食事に不具合はありませんか?』とお聞きしても
『別になんともありません』となります。

痛さも個人差がありますし今は歯ぐきとの隙間を埋める安定剤がどんどん進化していますのでなんとかなってしまいます。

このなんとかなってしまう状況が一番こわいのです。

ちょっとしたバランスで上手くいっていたモノが崩れ誤魔化していた事が
取り返しのつかない結果となり義歯を作る側から『とても難しい症例で改善できません』と
一般歯科で投げ出されやっと事の深刻さを知り当院にカウンセリングに訪れます。

前にもお話を致しましたが安定剤でも誤魔化せなくなった痛みはとても危険です。
ご自分で貼る安定剤を長期使用するとどうなるか?

合わない義歯を無理に粘りのある材料でくっつけているのでアゴの骨に無理がかかり
合う義歯を使用されている方に比べて早く骨を痩せさせてしまいます。

安定剤はご自分の手で貼るので均等には貼れずに分厚く貼れた所は強い圧がかかり
骨に負担がかかり隙間がまた増え安定剤の量も増えどんどん強力な安定剤を求め
気付けば取り返しのつかない土手がまったくないフラットな歯ぐきとなります。

また下のアゴには太い神経の管があり通常の骨がしっかりある方は骨の奥にあり
問題ありませんが骨が痩せると神経が近くなりひどい方は指で歯ぐきをなぞると
ピリッ!!とした痛みが走ります。

このような方は硬い義歯は難しくシリコーン義歯をおすすめ致します。

義歯に求める度合いは人により違います。
完璧を求める人・義歯なのだからこれで充分と思う人・これが出来ればOKというどこかに
こだわりがある人

義歯の調子良さも同じように人により違いますが自己判断は危険です。
特に3年以上同じ義歯を何もメンテナンスも行わずにお使いの方は
入れたばかりのお口の時と環境が変化している事が多いです。

問題が起きる前に一度、点検をしてください。
かかりつけの歯科医院や当院でもぜひいらして下さい。

お待ちしております。

コンフォートデンタルクリニック

011-211-1000

http://www.irebasapporo.com/

« 増え続けるオレオレ詐欺! | トップページ | 入れ歯治療が難しい理由 »

カウンセリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2285332/64037864

この記事へのトラックバック一覧です: 義歯の調子良さには個人差があり:

« 増え続けるオレオレ詐欺! | トップページ | 入れ歯治療が難しい理由 »