入れ歯のついて

2015年6月16日 (火)

入れ歯専門歯科医師が考える『総入れ歯を作る上で大切な事』2

こんにちは。札幌で入れ歯専門歯科を行っているコンフォートデンタルクリニック

今年は浴衣を着る機会があるかな~と思っている、カウンセラー小林です。

今日は先週の続きです。

入れ歯専門歯科医師が考える『総入れ歯を作る上で大切な事』パート2です。

当院の総入れ歯専門歯科医師 松丸先生によるインタビューです。

『まずはじめに、私は診療室にて以下の品質の義歯が常に提供できるように努めています。

 ・口を自然に大きく開けても外れず、押してもひっくり返らない。

 ・リラックスしてアゴを閉じた時にちゃんと噛み合い、そこからアゴを自由に動かしてもそ の安定性が損なわれない

 ・飲み込みや発声が自然にできて、客観的に支障がない

しかしながら、最も大切にしていることはこれと少し違います。

患者様が自身の歯ぐきの状態を他の誰よりも理解することができ、その状態に合わせた入れ歯の上手な使用法を身につけることができる。

そして生活が治療前よりも快適になっていると感じられること。

この点を最も大切にしています。私は高品質の入れ歯治療を通して、今まで知らないが故に、そして知らないままに苦労されてきたお口の中の状態を知って頂き、よりうまく付き合えるようにサポートしたいのです。

総入れ歯はその構造上、外そうと思えば外せます。歯ぐきに傷を付けようと思えば傷つけることができるものです。入れ歯で苦労されてきた患者様の多くは自分の歯ぐきの状態はもちろん、入れ歯の仕組みも知りません。当たり前のお話かもしれませんが、ここからがスタートなのです。

全身の健康を考えた時に、皆さんはまず何をしますか?

そうです、[自分の状態をよく知ること]です。

世間にはただただ良い入れ歯を作りますよと言って、歯ぐきや入れ歯の仕組みなどのお話もそこそこに、外れない、咬みやすい入れ歯が作られているかもしれません。

でも治療の本質はそこではないと考えています。

ただ、専門家の説明だけではわからないことも沢山あります。私も自分の健康に向き合った時にそう思います。説明と体験が必要なのです。ですから私の総入れ歯治療用の入れ歯という期間を設けさせていただき、「入れ歯をこう思っていた」「こういう風に使うと具合が悪い」などの色々なお話に耳を傾け、その全てに改善を図りながら説明をさせていただきます。

自分の身体との付き合い方はライフスタイルによって全く異なり、医療を行う側が考える理想論とはまた違って当然です、遠慮は必要ありません。

私の治療を受けようとして下さる方には健康に対する前向きなエネルギーがあります。このエネルギーと総入れ歯ができる最大の可能性とをもって、いままでと違う、良かったと思っていただきたい。

そうです。私が総入れ歯治療でもっとも大切にしていること。

大切だと考えること。

それは「患者様が自身の歯ぐきの状態を他の誰よりも理解することができ、その状態に合わせた入れ歯の上手な使用法を身につけることができる、そして生活が治療前よりも快適になっていると感じられること。」です。』

Dsc_3281

熱い先生の思いは伝わりましたでしょうか?

信じて来てくださった患者様に全身全霊で治療に注ぎ込む。

仕事だからするのではない。私も周りのスタッフもそんな刺激を受けて日々、精進しています。

コンフォートデンタルクリニック

011-211-1000

2015年4月15日 (水)

それは、「今です!」

コンフォートデンタルクリニック
入れ歯専門カウンセラー 吉崎美加子です。

新学期が始まり、子ども達の身体測定がありました。
長男に身長を越され、嬉しい反面
なんだか寂しくもあり・・・複雑な気持ちです。

今日は、日々患者様の入れ歯お悩みを伺っていて感じる事を
お伝え致します。

当院に来院されるか患者様は、よく
「もっと早くに治療しておけば良かった」おっしゃいます。

歯が1本くらい無くなっても・・・
少しくらい痛くても・・・
と、考えているうちに口の中の状態はどんどん悪化していきます。そして
無意識のうちに咬み合せに変化がおこります。
それでも若い時は基礎体力があるので元気に毎日を送ることができますが
お年を召してくるといつ病に倒れるかわかりません。

また、合わない・痛い入れ歯を我慢して使っていたり
安定剤をずっと使っていた患者様は
口の中にあちこち傷がついてしまい
歯ぐきがガタガタになり
時間が経てばたつほど入れ歯作りが難しくなっていきます。


病気になった時にしっかり咬める歯があるか
きちんと合った入れ歯を使っているかどうかが
病気の回復力に大きく左右してきます。

しっかり咬み、しっかり食べることこそ生きる力の源です。

その為にも合わない入れ歯を使っている方は
体が元気な時に完全に治療しておくべきです。


これからの人生をいきいきと生きていくために
後から後悔しないために

入れ歯をお作りするなら

「今」です!

メール comfort.d.c.1@gmail.com
ホームページ www.comfortdc.com



2015年4月14日 (火)

入れ歯の治療はいつからスタートなのか?

こんにちは。コンフォートデンタルクリニックの理事長、池田昭です。

最近は家の中にゲジゲジを見かけるようになって、虫達も動き出す春なんだと実感します。こんな実感の仕方は嫌ですが。

さて、突然ですが質問です。皆さんは入れ歯の治療はいつからスタートするものだと思われますか?



入れ歯の型取りの時でしょううか?

どうでしょう?わかりますか?


質問しておいて何ですが、私もはっきりとした答えはわかりません。
でも恐らくは、あなたが

「入れ歯 札幌」

などのキーワードで入れ歯に関する情報を探し始めた時が、治療の開始だと思われます。それは、ご本人かもしれませんし、ご家族の方かもしれません。

とにかく、お口の中の問題を認識して情報を探し始めた時は治療がスタートしていると思って良いでしょう。ですから、情報集めはとても重要です。

ある程度の情報が集まったら、あなたはきっと、「ここだ!」と思われたクリニックに予約の電話をするはずです。

さあ、大きく一歩を踏み出しました。何もしないで状況が変らない、むしろ悪化するよりも、これで「治るきっかけ」を作られた訳です。

その前向きな気持が入れ歯の治療には不可欠です。
治りたい、噛めるようになりたいという気持ちが無ければ、私共がどんなに頑張ろうと入れ歯治療の良い結果は得られません。

実際に来院されて、入れ歯に関する知識を得れば得るほど、どんどん治っていく可能性が高まります。

私達は、「入れ歯治療」に特化した、札幌で唯一の「入れ歯専門歯科医院」です。

コンフォートデンタルクリニック
今すぐ検索してみてください。





2015年3月30日 (月)

部分入れ歯のお悩み

こんにちは。

コンフォートデンタルクリニックのカウンセラー小林です。

3月もあと2日となりました。

別れの季節、出会いの季節。


新しいことに挑戦するのは勇気がいります。

しかし、自分で信じた事や直感で思ったことは意外と

間違いじゃなかったと私は感じます。




自分が自分をイチバンに信じて好きでいて欲しいと思います








今日は見た目の問題です


部分入れ歯でのお悩みでよくお聞きするのが

「金属のバネが見えるのが嫌!」

確かに、いかにも「入れ歯しています。」とは

思われたくないですよね。

 

部分入れ歯である以上は、

ある歯に支えられなくては物理的に難しいです。

部分入れ歯の面積は少なく、歯の部分をくりぬいた形をしています。

 

総入れ歯はアゴを全面覆う事が出来るのでもちろん金具は要りません。

では、バネがないまたは目立たない方法はどんな形があるのか。

 

2015年3月20日 (金)

試着(仮合わせ)とは、

北海道札幌市中央区の歯科医院 
コンフォートデンタルクリニック噛み合わせ担当 
歯科医師 山田穂積です。


入れ歯を作成する際

試着(仮合わせ)という工程があります。

入れ歯が出来上がる前の最終工程で
患者様もここの段階になりやっと
自分が最終的にどんなお口になるのか?
現実味が出てくるところでもあります。

初めてお会いする患者様に
患者様「先生 私 痛くなく 口元を綺麗にしたい」
と言われる事が多いです。

その際、患者様の綺麗・歯科医師の綺麗が一致しているわけでは
ありませんので、初めてお会いしてから入れ歯の仮合わせを行うまでに
カウンセラー・スタッフ・歯科医師・歯科技工士と
事細かく打ち合わせを行いながら試着の工程まで進めていきます。

男性であれば渋く

女性であれば美しく


笑顔が素敵な お二人と同じように患者様にも同じような笑顔
になってほしいという思いを込めて試着を行って頂き完成を迎えます。

仮合わせの際には、歯科技工士立ち会いのもと
三面鏡を使いながら口元の状態をみたり
立ち鏡を使いながら全身の状態と口元・歯並びのバランスをみます。




患者様にとって満足頂ける状態になったら入れ歯を完成し、
満足頂ける入れ歯を日常生活で使用して頂きます。

まずは相談だけでも、承っておりますので お電話お待ちしております。

image


相談の予約の電話は  011-211-1000 (9時~18時)  
または
メール(  comfort.d.c.1@gmail.com  )にて連絡をお願いします。                  

2015年3月 9日 (月)

治療用の入れ歯とは?

こんにちは!
お肉が大好き肉食女子の

コンフォートデンタルクリニック、カウンセラー小林です。
うふふふ。

今日は治療用入れ歯についてお話したいと思います。

保険の入れ歯はひとつ作製すると6ヶ月経たないと
次を作ることが出来ません。

ですが、例えば待っていられない場合があります。

歯を抜いて抜きっぱなしでは見た目上、そのままでは
いられません。

すぐに入れ歯を作製するも歯ぐきの傷は塞がり形を
変えてしまうと入れ歯が合いません。

合わなければ『痛い』『外れる』『噛めない』の原因
です。

 

その時は皆さんならどうしますか?

担当の先生が『合わなくて痛いだろうけど、作れる時期までなんとか待ってて・・・』

・・・・6ヶ月待っていられますか?
やっと待っていて快適な入れ歯になるとは限りません。

または、ご家族やご本人がず~っと良い入れ歯に出会えなくて何度も作るが合わずに何年もお辛い思いをしてきてストレスで食べる事も外出する事も楽しい思い出がなく家にこもってしまっています。

やっと入れ歯専門の歯科に出会えまた頑張ってみようと思ったが、お口の中は悪い環境に慣れてしまい正常な状態ではなくなってしまっていた。

噛み合わせがズレて顎の位置もゆがみ、合わない入れ歯をなんとか使用して変なクセがついてしまった。

新しい入れ歯をすぐに作ってもお口の環境が整っていなければ相当の苦労をします。

そのための治療用の入れ歯です

 

治療用の入れ歯はリハビリの入れ歯ともいいます。

 

◆新しい入れ歯を入れるまでの準備をする

◆お口の中を徐々に正常に戻し新しい入れ歯を受け入れる環境に
 する

◆どんな入れ歯を入れるかシミュレーションをする

◆必要・不必要な部分はどこか、使用しながら修正して

ゴールを目指し新しい入れ歯の参考にする

◆足りなかった今までの入れ歯の改善を実際に使いながら確実に
 する  

◆部分入れ歯から総入れ歯になり環境が変わる

 

などなど沢山の症例に適応します。

ほとんどすべての方に治療用の入れ歯を挟んでから

《最終の入れ歯=最高の入れ歯》
入れたいくらいです。

 
初診時の今までの入れ歯。痛い!!安定剤使用!食事を楽しみたい!

  
治療用入れ歯。最初は今まで低下していた筋肉を使うので筋肉痛になり大変だっだがあわび・とうもろこしの為!頑張る!・・・あれ?回数重ねて痛くなくなってきた!楽しみ!

  
最終入れ歯完成!見た目も思い通り!入れ歯だと気づかれない!
何でも食べられる!来て良かった!

 

 

コンフォートデンタルクリニックでは

この治療期間をとても重要なお時間として患者様にお伝えしています。

詳しくはコンフォートデンタルクリニックまでお越し頂いて

しっかり丁寧にご説明いたします。

 

最後までお読み頂いてありがとうございました!

コンフォートデンタルクリニック ホームページ

http://comfortdc.com/

 

2015年3月 2日 (月)

安定剤の使用に注意

こんにちは!

3月になりました。暖かくなると、なんとなくワクワクしますね。
明日はひなまつり。女の子の成長を祝う行事ですね。
子供の頃は、姉妹で取り合ってお雛様の飾り付けをしていました。
月曜担当のコンフォートデンタルクリニック、カウンセラー小林です。

今日は安定剤のお話です。

安定剤の長期使用は注意が必要です。

注意書には、

『長期連用しないでください。連用する場合は歯科医師にご相談ください。』

『歯ぐきがやせる等により不都合になった入れ歯を本品で安定させるのは一時的な場合としてできるだけ早く歯科医師に入れ歯の調整をご相談ください。』

 

どうしてでしょう・・・・?

 

入れ歯は安定剤を使用する事を前提で作られてはいません。

最初から使用しなくてはならない様な入れ歯は
合っていないと言うことです。

合っていない入れ歯を無理に安定剤で誤魔化しているわけです。

 

今は、色んなタイプの安定剤がありますがどれも応急処置に過ぎません。

 

当院にも安定剤を使用していた患者様がカウンセリングに訪れます。

長期使用している方のレントゲンを撮ると一目瞭然。

入れ歯が合っている人と比べると骨の減りが進み痩せているのが分かります。

 
こちらは安定剤を使用していないあごの骨のレントゲンです。

 
こちらは安定剤を長期間使用をしていたあごの骨のレントゲンです。
下あごの細い白い線のような部分を上の写真と比較してください。

 

安定剤はベタベタしているので入れ歯を無理矢理に固定します。

その無理矢理に歯ぐきや骨が負けて傷ができ、骨が逃げてなくなっていきます。

しかし安定剤は柔らかい材質なので使用している間はそれほど強い痛みは出ません。

痛みがないので気づいた時にはお口の中は荒れて

一般歯科では入れ歯を作るには難症例として『入れ歯だからしょうがない』『なんとか使って』とあきらめる様に言われてしまいます。

残念なことに、もう失った骨は戻ることが出来ません。

 

そうなれば・・・安定剤を手放せなくなります。

安定剤がないと痛くて噛めないお口になってしまっています…。

 

また使用する量も毎日正確に同じ量とはいきませんので厚くなったり薄くなったりしてその時々で安定した噛む力となりません。

 

もう一度言います。

入れ歯を支えているのは骨なのでその骨が減れば

どんどん入れ歯にとって難しいお口になります。

 

骨の中には太い神経が通っています。

神経の近くまで痩せると神経に触る痛み、ピリピリが起こります。

 

怖いですね。

それでなくても歯を失った骨は自然に痩せてしまいます。

何も不都合ないしっかり噛める、外れない入れ歯を使用してわずらわしい安定剤をやめて毎日の健康を考えましょう!


コンフォートデンタルクリニック ホームページ

http://comfortdc.com/

2015年2月25日 (水)

「噛む」ということは・・・パート2

コンフォートデンタルクリニック
入れ歯カウンセラーの吉崎美加子です。

2月12日に当院の噛み合わせドクターの歯科医師・山田も
申しておりましたが・・・
咬み合せのズレは長い時間をかけて
全身の姿勢に影響をあたえ、運動機能を低下させます。
http://ameblo.jp/comfort-dc/entry-11988774815.html

歯を使って「噛む」という行為は単に食べる為だけではなく
みなさんが想像する以上にさまざまな影響を全身に及ぼしています。

なかでも
「噛む」ということによって血流をたえずスムーズにし
脳の働きを活発にすることは
高齢になればなるほど重要になってきます。
毎日、十分に噛んで食事することで、アルツハイマーを
予防することもできるといわれています。
 

また顎関節の後(耳のうしろ)には血液の流れをスムーズにさせる
ポンプがあります。
あごを動かして噛むたびに、脳をめぐってきた血液をどんどん
心臓へ送り返していきます。
それによって再び新鮮な血液が脳の血管を駆け巡ります。
 

でも・・・
入れ歯だったら・・・
無理か・・

そんな考えは必要ありません!

ご自分の歯でなくても
ぴったり合った入れ歯を手に入れれば何の問題もありません!!

しっかり噛んで
たくさん話して
お腹から笑う

そうやって顎を動かしポンプもフル回転させ
口の周りの表情筋を活発に動かせば
血流を良くする作用を発揮します!

 

コンフォートデンタルクリニックで作る入れ歯で
健康な「噛める生活」を送りましょう!


電話 011-211-1000(9~18時)

メール comfort.d.c.1@gmail.com(24時間)

ホームページ www.comfortdc.com

2015年2月23日 (月)

滑舌・発音

こんにちは。

週末があっ!という間に過ぎて月曜日。
週の始めは体がいつものリズムに戻るまで

ストレッチが必要なコンフォートデンタルクリニック
カウンセラー小林です。

 

今日は入れ歯での発音と滑舌のお話です。

なるべくなら入れ歯だと言う事は多くの人には知られたくないと

思ってしまうのが現状ですね。

相手に分かってしまう1つの原因に発音・滑舌だと思います。

 

空気がもれるような言葉、

こもったしゃべり方、

・・・・・・聞き返されてしまう。

 

ストレスですね。

 

なぜそうなってしまうのか。

 

原因として考えられるものは上の入れ歯の厚みや舌が邪魔になってしまう形態またはゆるさがあります。

 

入れ歯は差し歯やインプラントとは違い、歯の部分と土台の部分があります。

お口の中は敏感で12㎜の厚みの違いで違和感が出てしまいます。

 

快適に使える入れ歯にするには・・・しっかりとお話を聞き、
何処を改善すると良いのか

見極める事が出来る目を持っている術者=ドクターです。

また、滑舌だけではないお話ですがしっかりフィットして動かない
安定した形を見つけるのも良い入れ歯の基本です。
 

 

人それぞれ感じ方の違いや求めるものも少しずつ違ってきます。

舌の動き・舌の大きさ長さ

舌の安静時の置き場所

歯の並び

歯の欠損した場所

上顎の深さなども関わってきます。

良くなかった入れ歯も使わないからと言って捨てずに次に改善する入れ歯の参考のために取っておくと良いです。

 
  
これは上顎の総入れ歯です。材質を金属に換え、よりご自分の上あごに近くする事で快適にします。材質はコバルトクロム、チタン、ゴールドから選べます。
  



コンフォートデンタルクリニックの患者様は難しい症例の方が多いです。

それは、入れ歯専門歯科だからです。

もうこんな悩みは最後にしたい!と地方からもありがたい事に
沢山いらっしゃいます。

 

まずはご相談にいらして下さい。

ご自身だけでは分からないだけど、どうにかしたい!のモヤモヤを一緒に考えます!



コンフォートデンタルクリニックのホームページです
↓ こちらをクリック ↓

http://comfortdc.com/

2015年2月20日 (金)

「空間」ってなんだろう?

北海道札幌市中央区の歯科医院 
コンフォートデンタルクリニック
歯科医師 山田穂積です。


2月の札幌 例年になく暖かいのか?道路の雪も溶けて車の運転もしやすくなり遠出をしたくなる感じです。

北海道は、広大な土地がありあちこちに気持ちの良い空間が存在します。


日常生活においても気持ちのいい空間ってあちこちに存在しますよね?

「家」「カフェ」「エステ」など個々人によって色々な気持ちの良い空間があると思います。

歯科医院であるコンフォートデンタルクリニックも気持ちの良い空間を目指しています。

札幌市の中心部という立地柄 色々な飲食店が並ぶビルの一角にあります。  


      

エレベーターのドアが開くと歯科医院とは、思えない開放的な空間が広がっています。

閉鎖された空間で治療されるよりは、開放された空間で「歯科治療」を受けたほうが気持ちがいいと思います。

それは「口の中」も同じことが言えます。

当院は、入れ歯専門の歯科医院であるため、口腔内のあるべき空間にあるべきものがない患者様が多数いらっしゃいます。

そのため、口の中の空間もあるべきものがないため、歯を喪失した後、顎が吸収するにもかかわらず周囲の軟らかい組織は、歯があった時の形態を残し機能しています。


歯科医師は この空間を埋めていく仕事をしています。
人類は、世界人口73億人が存在すれば 
73億通りの口の中の空間があります。


口腔内


まず、この口腔内という空間を見て 
歯科医師は、
「入れ歯をどう作成していこうか?」
という事を考えます。


あるべき場所にあるべきものがないから、

「ここに顎の骨があっただろう?」

「ここに歯があっただろう? 」

「顎の関節がおかしいかな?」

「粘膜の厚みが薄いかな?」

と色々な事を考え入れ歯を作っていす。


 歯科治療を行う際、この段階が「痛くない」入れ歯を作るのに非常に重要な作業になります。


「もともとあったであろう顎の骨」
「もともとあったであろう歯」
を考えながら。



あるべきものが入るとこのような口の中になります。


口腔内・義歯



そのため、年間何百人という入れ歯を作っているコンフォートデンタルの歯科医師は、口腔内という空間を診る目が養われています。


その空間を診ながら、
歯科医師と「痛くなく」「綺麗」な生活を手に入れるために 
あなたの夢」をじっくり語り合いましょう。
そこから楽しい生活が待っています。







まずは相談だけでも、承っておりますので
お電話お待ちしております。


相談の予約の電話は  011-211-1000 (9時~18時) 
  または
メール(  comfort.d.c.1@gmail.com  )にて連絡をお願いします。

                   



より以前の記事一覧